新型ウイルス肺炎の感染者数・死亡者数がSARSを越える

2月9日、中国政府は、新型コロナウイルス肺炎の患者数と死亡者が、2002年から2003年にかけて発生したSARSを越えたと発表しました。

SARSの感染者数は8019人、死者は774人でしたが、今回、中国国内の感染者数が37000人を超え、死者も811人にのぼっています。

SARSの場合、感染力を表す基本再生産数R0(アールノット、あるいはアールゼロ)は3程度であり、インフルエンザは2ですが、現在の新型ウイルス肺炎はインフルエンザと同程度ではないかと考えられています。

ちなみに強い感染力を持つ麻疹のR0は14です。